鵜の浜温泉みかく 宿泊予約

  • 宿泊プラン一覧
  • 空室状況
  • 宿泊予約
  • ランチ予約
交通アクセス
鵜の浜温泉 汐彩の湯 みかく地図

詳しく見る

〒949-3102
新潟県上越市大潟区九戸浜239
TEL:025-534-2434
FAX:025-534-4722

鵜の浜温泉みかく 温泉のご紹介

鵜の浜温泉の温泉は、泉質はナトリウム塩化物泉、弱アルカリ性です。

温泉の効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動まっしょう、関節のこわばり、うちみ、くじき、 慢性消火器病、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進 、 切り傷、肩こり、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病 などに効きます。

1.申請者 住所  新潟県中頚城郡大潟町雁子浜304-2
氏名  有限会社鵜の浜温泉開発 代表取締役小林一定
2.源泉名及び湧出地 源泉名  鵜の浜温泉5号井戸
湧出地  新潟県中頚城郡大潟町九戸浜242-2
3.湧出地における調査及び
試験結果
(1)調査及び試験機関
社団法人 新潟県環境衛生中央研究所 (登録番号:新潟県(登)環企第5号)
(2)調査及び試験年月日  平成15年3月13日
(3)泉温 27.4℃ (気温 4℃)
(4)湧出量 186L/分 (動力揚湯)
(5)知覚的試験 無食で直ちに黄褐色に着色し、無臭
(6)PH 7.7
(7)ラドン 未測定
4.試験室における試験成績 (1) 試験責任者 社団法人 新潟県環境衛生中央研究所 技術部長 外山憲幸
(2) 分析終了年月日 平成15年4月17日
(3) 密度 1.0108g/㎝3 (20℃) 1.0090g/㎝3 (20℃/4℃)
(4) 知覚的試験 黄褐色を呈し、無臭、強塩味を有する
(5) PH  7.7 (水温 20℃)
(6) 蒸発残留物 14620mg/kg (乾燥温度 180℃)
5.本水1キログラム中に含まれる
成分、分量及び組成

(1)陽イオン成分
リチウム Li+ 0.8 mg 0.12mval 0.05mval%
ナトリウムNa+5482mg238.5mval94.79mval%
カリウムKa+24.1mg0.62mval0.25mval%
アンモニウムNH4+22.1mg1.23mval0.49mval%
マグネシウムMg2+ 40.0mg3.29mval1.31mval%
カルシウムCa2+144.7mg7.22mval2.87mval%
ストロンチウムSr2+3.3mg0.08mval0.03mval%
バリウムBa2+2.1mg0.03mval0.01mval%
アルミニウムAl3+0.1mg0.01mval0.00mval%
マンガンMn2+0.2mg0.01mval0.00mval%
鉄(Ⅱ)Fe2+13.0mg0.47mval0.19mval%
鉄(Ⅲ)Fe3+0.1未満
銅Cu2+0.1未満
陽イオン成分計 5732mg 251.6mval 100.00mval%
(2)陰イオン成分 フッ素 F-0.2mg0.01mval0.00mval%
塩化物Cl-9207mg259.7mval96.72mval%
臭化物Br-52.6mg0.66mval0.25mval%
ヨウ化物I-15.3mg0.12mval0.04mval%
硫化水素Hs-0.1mg未満
硫化物S2-0.1mg未満
チオ硫酸S2O3・2-0.1mg未満
硫酸水素HSO4-5.0mg未満
硫酸SO4・2-5.0mg未満
炭酸水素HCO4-479.3mg7.86mval2.93mval%
炭酸CO3・2-4.2mg0.14mval0.05mval%
陰イオン成分計 9759mg 268.5mval 100.00mval%
(3)非解離成分 メタケイ酸H2siO3 26.8mg0.34mmol
メタホウ酸HBO2 136.4mg3.11mmol
メタ亜ヒ酸HAsO2 0.1mg未満
非解離成分計163.2mg 3.45mmol
(4)溶存ガス成分 遊離ニ酸化炭素CO2 67.5mg 1.53mmol
(遊離炭素)
遊離硫化水素H2S 0.1mg未満
溶存ガス成分 計 67.5mg 1.53mmol
溶存物質(ガス性のもの除く) 15650mg/kg
成分総計 15720mg/kg
その他微量成分
総ヒ素As 検出せず(0.005mg/kg 未満)
(5)泉質 ナトリウム-塩化物泉(弱アルカリ性高張性低温泉)
(6)禁忌症、適応症等
({温泉分析書別表}中5.に記載)
平成15年4月30日
郵便番号 940-2127 新潟県長岡市新産2丁目12-7
℡0258-46-7151  FAX0258-46-9851
社団法人 新潟県環境衛生中央研究所
理事長 永井淳夫

鵜の浜温泉分析表別表

ページのトップに戻る